our business 竹内産業の強み

contact

生産力

特殊用途の開発から大量生産まで技術で業界をリードする竹内産業

最新鋭の設備の導入に積極的に取り組んでいます。
長期的にお客様のニーズを満たし続けられるよう、竹内産業は常に新しいこと・新しいものにチャレンジし、
生産性と品質の向上に継続して取り組んでいきます。

足利工場(第一工場・第二工場)

当社独自のPSシートの生産と多様な製品の成形

足利第一工場では、原料となるペレットからプラスチック容器の素材となるシートを生産しています。シートは足利第二工場での容器生産に使用するほか、お客様への販売も行っています。第二工場には真空圧空成形機、熱板成形機、中間プレス等を設備しており、様々な製品の生産に対応します。

  • シート状に加工
  • 成形
  • 保管

足利久保田工場(第一工場)

最新鋭の生産機で飲料用のカップを成形

A-PETを原料に、飲料用カップのインライン成形を行っています。シート押出しからカップ成形・包装作業までを連続した一貫ラインで行います。
生産ラインには製品の安全を担保するために各種の検査機を設置し、衛生的な環境の中で高品質のカップを生産しています。

  • シート状に加工
  • 成形

足利久保田工場(第二工場)

大きなキャパシティを持つ印刷専用工場

足利久保田第二工場では、第一工場で生産されたカップに印刷を施します。国内最大級の印刷キャパシティを誇り、コンビニエンスストア様向け等の高い品質を求められる製品を生産する中で培った経験やノウハウを活かし、徹底した品質管理のもとで印刷を行っています。

  • 成形
  • 曲面印刷
  • 保管

足利久保田工場(第三工場)

先進的な設備を整えた省力化工場

A-PETシート押出しと成形を一つの工場内で行います。シートの工程と成形の工程をあえて切り離すことで、多様な製品の生産に対応できる工場となっています。製品包装はもとより、成形機へのシート供給や段ボールの組み立て・封函、パレットへの積み上げ等を自動化しています。変化していく時流に率先して対応していく当社の姿勢を象徴する最新の工場です。

  • シート状に加工
  • 成形
  • 保管